32節 vs大分 残留確定

皆さん寒い中での応援お疲れ様でした。
風邪などひいてないですか?
J1残留という最低限の目標は達成できた。しかしホームなので絶対に勝ちたかった。
こういう大事な試合で「きっちり勝ちきれるチームになりたい!」と試合後強く思った。

ヴァンフォーレ甲府の『強さ』とは監督や選手の力だけではないと個人的には考えています。
チームスタッフそして俺たちサポーターを含めた『総合力』だと。

俺たちポーターが強くなることも甲府を『強く』することに繋がると信じている。

選手やスタッフを充実させるにはそれなりに資金が必要で、ビッグクラブに対抗するのは現状の甲府では難しい。唯一サポーターの強化には資金不要。俺たちの頑張り次第でボカやドルトムントみたいに圧倒的な声で選手をサポートできるようにだってなれる。

熊本での天皇杯、長距離移動&120分戦い疲れた選手たち。
その選手に元気と力を与えてあげれるのが中銀スタにいる俺たちの応援(声と手拍子)だと思う。
中銀スタの声と手拍子が大きければ大きいほど、より力強く後押しできる。
疲れた選手の気持ちを奮い立たせることができる。
チャンスもあまり作れず、苦しい場面が多かった昨日の大分戦。
こういう試合でこそ、俺たちサポーターの果たす役割は大きかったと思う。

昨日中銀スタに詰めかけた観客11,514人。
その殆どが甲府を応援する頼もしい仲間たちだ。甲府を愛する気持ち、選手を支えたい気持ち、試合に勝ちたい気持ち…
みんなが持っている。

その気持ちを歌声と手拍子で選手に伝える人が増えて欲しい。
いつの日かスタジアム全員のデッカイ歌声と大きな手拍子で選手の背中を押してあげたい。
『フラッグ大作戦』を成功させた俺たちならできると信じている。

監督、選手は毎試合課題をみつけ、それを克服しょうと努力を続けている。

俺たちも頑張ろう!選手と共に成長できるように!








JIRO


VS川崎戦

3−1試合終了のホイッスルが鳴った
俺はホイッスルが鳴り負けた現実よりも、その結果によって歓喜している相手サポーターを見ることが一番悔しかった。このホイッスルが鳴った時本当はヴァンフォーレ全体が歓喜に満ち溢れるはずなのに、選手も監督もサポーターもあと一歩及ばないところで勝利を献上してしまった。

今回の試合では皆さんの意見が様々あるだろう。
応援のスタイルも考えも十人十色あるのは当たり前だ。

しかし今の応援はどうだろうか。
応援よりも大きな声のヤジ
審判に対しての批判


これらはまったく選手のためにはならない
その大きな声のヤジを選手への声援に変わればどれほど、素晴らしい応援になるだろうか。批判が選手一つ一つのプレーの拍手になれば、どれほど後押しになるか。

俺らサポーターはヤジが批判が仕事ではない。


12番を背負うスタンドの選手だ


ヴァンフォーレとともに楽しいサッカーを歓喜で終わろうじゃないか


まだ試合はある
選手、監督、フロント、スタッフ、サポーターが一丸となって共に闘い、共に笑おう

by rin




2013/5/6 第10節 vsアルビレックス新潟

ゴールデンウィークの最終日、家族旅行も兼ねて新潟に行ってきました。

海無し県民一家としては、”海 ”というだけで十分な観光。


海鮮丼とカニ食べて、大満足!!



午前中は快晴のビックスワン。


美しいスタジアムです。




天候に恵まれない今年のアウエイ。
試合開始と同時に雨が降り出してきました。


今回も沢山の甲府サポーターが駆けつけました。

試合は、新潟の激しいプレスに苦しみ、同点後の選手交代で流れを引き戻し 決定機が数度訪れるも ドロー。
中2日での連戦は、選手にかなりの負担が掛かったと思いますが、やりきっての引分け。この戦いを次節に繋げたいですね。

アウエイに集まったサポーターの応援は、前半の雨にも負けずに 熱い応援だったと思います。

終盤のチャンスの時の応援は 盛り上がった。
いい雰囲気。力強い応援でした。

このボリュームを、劣勢の時間帯にも出せないものか、、、、。


”応援が盛り上がってるなぁ〜、応援に迫力があったなぁ〜”ってことを、試合中に感じた時って ありませんか!?

ヴァンフォーレが押している時や 得点が入った時って、盛り上がって当然だと俺も思います。

選手と共に戦う12番目の戦士が 俺達サポーターというならば、チームが劣勢の時ほど、”俺達の声で押し返してやるぜ”くらいの勢いが欲しい。

ヴァンフォーレは、J1では規模の小さなクラブ。
応援も普段のサポートも、俺達一人ひとりが傍観者にならずに、当事者になって、10%でも20%でもいつもよりも頑張れば、チームのチカラに、選手のチカラになる。


次節は清水戦。
ホーム小瀬で 俺達の応援が 負けてたまるか!!

ゴール裏〜、シッカリ声を出せよ、アウエイの応援(声量)に 負けてるよ”っと思っている人達。

いざゴール裏へ、、、。

K村



2012/10/14 第38節  ホーム 湘南戦

ヤッターvv
昇格だぁ〜。 J1へ復帰だぁ〜

3回目の昇格ということで、自分自身どんな感情が沸き起こってくるのかなぁ〜、と思いながら 歓喜の一戦の朝を迎えました。

歴史幕
歴史を作ってます。

手拍子幕
みなさん手拍子ありがとう。

内職
J1、J1、J1、内職中・・・。

それにしても、こんなに沢山の人が 小瀬に集まるのは、いつ以来だろう。
2002年のC大阪戦。 2005年カズ初小瀬の横浜FC戦。 2006年の浦和戦。・・・・

待機列
待機列の様子

バス待ち
俺達の選手達の登場だぁ

オス幕
この旗も久し振りに掲げました。

風船
さぁ〜試合開始

試合は、湘南の昇格への強い気持ちに押され、先制点を返上。

ここからだ。俺達の応援で押し返すんだ

そして、歓喜の時・・・・・
試合後

ジワっときました。
3回目もやっぱり感動したー。

さぁ〜、来期は J1。
俺の目標。 小瀬では、どんなアウエイチームが来ても、応援は 負けない

今年のようには勝てない来期。

今年の倍の声援を。今年の倍の手拍子を。今年の倍の応援を。

全ては甲府の為、共に戦い共に笑おう!! その先の未来へ・・

追伸
片付け
みんなで紙テープ片付ける姿。 笑顔、笑顔、笑顔。 素敵な光景でした。


K村


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

VFK

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM